2017年11月 ~省エネ・コスト削減専門情報雑誌~ SANEI plus

排水・廃液・廃油・汚泥”コスト削減”特集!!


工場から出る、廃液や排水処理のコスト削減を提案いたします!!
捨てるものにもかかるお金・・・

少しでも安くしたいですよね??

↓↓↓ このようなお悩みの方は要チェック!! ↓↓↓

工場から出る、廃液や排水処理のコスト削減を提案いたします!! 捨てるものにもかかるお金・・・ 少しでも安くしたいですよね?? ↓↓↓ このようなお悩みの方は要チェック!! ↓↓↓


切削廃液を特殊な“遠心分離機”で油水分離して延命化! <遠心式油水分離システムとは!?>  独自技術の特殊遠心分離構造により、 廃油・廃液を「油」と「水」と「スラッジ (切粉等の固形物も含む)」に分離が可能。 102606 <某金属加工業の事例>  102607  油混じりのエマルジョン化した切削液を3ケ月に一度、 交換していました。(夏場は1ヶ月に一度)切削液の購入コスト、 産廃コストが高く削減方法を検討していました。 102610 102609  102608  切削液に混じった余計な油とスラッジを分離し、除去。 切削液を2ヶ月延命化することができ、切削液の購入コストと 産廃コストの両方が削減できました!また、切削液の維持により、切削加工の品質が上がり、製品品質も安定しています! <自動車部品工場の事例> 油水分離⑤ 102607  洗浄後のワークに油分が付着し、手直しが発生し品質が低下していた。その為、製品品質を維持するために液の交換頻度を増やしたために、以前よりコストが増え困っていました。 102609  102608  導入後、洗浄液への油分の混入が抑えられ、液の使用期間が長くなったため、交換頻度が少なくなった。また、製品不良が減ったため、品質アップと作業性がアップした。


“水混じりの油を除水”して、製品不良削減&防錆油延命化 ! <遠心式除水システムとは!?>    油に混入した水分や固形物を特殊な遠心 除水機で取り除く。防錆油や作動油に混ざった水を除去し、含水率を低減させる。 102611 <某銅管メーカーの事例>  102607  水分混入した防錆油が白濁し、その防錆油をそのまま使用すると錆が発生し、製品不良を起こしていました。 102612 102609  102608  油の白濁が取れて、透明感が戻りました! 処理後の防錆油には防錆添加剤の減少はなく、繰り返し防錆油を使用できるようになりました! 102613 ★油水・スラッジ同時分離 遠心分離システムを活用すると・・・   稼働開始時と比べ、白濁していた液がこんなにも透明に 8-O 8-O 8-O !! 103001


コチラの遠心式油水分離システム・遠心式除水システムは         今なら無料お試しサービスを実施中!   導入前に効果を体感して頂く事が可能です!   レンタルやメンテナンス契約にてイニシャルコストゼロでの   導入も可能です!


“曝気効率を上げる散気管”の導入で数値改善&汚泥コスト削減! <高速旋回流エアレーションシステムとは>  既存の散気管を、高速旋回流エアレーションシステムに変えることで、排水処理を促進する。本システムは、内部の突起部に空気を激しく衝突させることで微細気泡が発生し、高負荷の排水や循環水中の溶存酸素濃度を高める。  また、下降流を発生させ、水槽全体に微細気泡を行き渡らせる。 エアリフト効果による底に溜まった汚泥を巻き上げることもできる。これにより、微生物の活性化が進み、汚泥発生量の削減、ブロワの電力コスト削減、腐敗臭の低減の効果が期待できる。 102615 102614 <某食品工場の事例>  BODやCODの数値改善がなかなかできずにいました・・・。そこで本システムを導入!数値改善だけではなく、汚泥発生量の削減、ブロワの消費電力量も削減できました!

その他にも・・・
●厨房排水の事例
下水放流基準値以下まで処理をうとともに、排水独特の腐敗臭を発生させません。
また、加圧浮上、活性汚泥を使用しないので、どなたでも運転管理が可能!!
しかも、水槽清掃の必要もほとんどありません。


塗装ブースの循環水の “スラッジの削減”&循環水のリサイクル! <塗装ブース用循環水浄化システム>  薬剤に頼らずに塗装ブースの循環水を微生物の活性化により、浄化するエアレーション散気装置。浅い水深でもポンプでジェット水流を噴射し、エジェクター効果で自動給気することで水槽全体に酸素を行き渡らせることを可能にした。  塗装ブースの臭気の低減、スラッジの削減、循環水のリサイクルを実現する。 102701 102702 <某自動車製造業の事例>   対策できずにいた循環水の腐敗臭やスラッジの産廃コスト削減、スラッジの清掃の手間やコスト、循環水の交換回数を削減しました!


“特殊真空乾燥機”で脱水汚泥の含水率を20%に低減 ! <特殊真空乾燥機とは!?>    乾燥機内部を減圧し、真空状態にしてボイラーの蒸気で処理対象物を乾燥させる装置。気圧を下げると水の沸点温度が下がる性質を利用し、含水率の高い汚泥でも40~50℃で水分が蒸発される。  例えば、含水率80~85%の汚泥等は約20%まで削減でき、重量も約1/5程度まで大幅削減できる。 102708 ※真空ポンプを使わない高速水流システムにより、真空(-98kPa)を作り出すので、電力コストがかからない。尚、蒸発した水分は冷却して、蒸留水として回収する。 <某化粧品製造業の事例>  乾燥機内部を減圧し真空状態にして、ボイラーの蒸気で脱水汚泥を乾燥させる装置。気圧を下げると水の沸点温度が下がる性質を利用し、含水率の高い汚泥でも40~50℃で水分が蒸発される。  102607  脱水機をかけた汚泥でも、含水率が90%あるため、多額の産廃コストに困っていました・・・ 102708 102609  102608  特殊真空乾燥機を導入。工場内にある蒸気を活用して、90%あった含水率を21%にまで低減しました!  さらに、重量が1/5近くまで削減でき、産廃コストも70%以上削減できました! 102709 こんな産業廃棄物の産廃コスト削減に活用できます!!  有機系汚泥、無機系汚泥、食品残渣、油混じりの切削廃液、洗浄廃液、染色・インク廃液、メッキ廃液等・・・ この特殊真空乾燥機を活用して、  汚泥・廃液・食品残渣の産廃費を削減できます!!


今回ご紹介した商品は【デモ試験】ができます!!  (一部、有償になるものもありますので、詳しくはお問合せ下さい。) 導入する前に、是非!!効果を実感

こちらのブログもぜひお読みください!

  1. 2015年5月 ~省エネ・コスト削減専門情報雑誌~ sane…

  2. 2015年11月 ~省エネ・コスト削減専門情報雑誌~ san…

  3. 2018年4月 ~省エネ・コスト削減専門情報雑誌~ SANE…

  4. 2017年8月 ~省エネ・コスト削減専門情報雑誌~ SANE…

  5. 2015年4月 ~省エネ・コスト削減専門情報雑誌~ sane…

  6. 2016年8月 ~省エネ・コスト削減専門情報雑誌~ sane…

  7. 2017年9月 ~省エネ・コスト削減専門情報雑誌~ SANE…

  8. 2018年7月 ~省エネ・コスト削減専門情報雑誌~ SANE…

  9. 2017年12月 ~省エネ・コスト削減専門情報雑誌~ SAN…

  10. 2019年9月 ~省エネ・コスト削減専門情報雑誌~ SAN…

  11. 2015年3月 ~省エネ・コスト削減専門情報雑誌~ sane…

  12. 号外!! ~省エネ・コスト削減専門情報雑誌~ SANEI p…

  13. 2017年2月 ~省エネ・コスト削減専門情報雑誌~ sane…

  14. 2018年6月 ~省エネ・コスト削減専門情報雑誌~ SANE…

  15. 2018年3月 ~省エネ・コスト削減専門情報雑誌~ SANE…